専門学校へ行って資格を取得しよう

自分の好きな仕事をして生きていきたい、という人は多いと思います。しかし、自分の好きな仕事でやりがいと楽しさを感じて生きている人はほんの一握り。業界へ踏み出す前に、知識と技術を身につけておくことをおすすめします。今では、都心には多くのアニメ専門学校があります。専門学校へ行くと、資格取得ができるのも大きなメリットですよね。そこで、多くのアニメの専門学校で取得可能な資格の例を紹介します。専門学校によって、取得できる資格は違うので、学校のパンフレットや公式ホームページで確認してみましょう。

アニメ専門学校で取得可能な資格の例

  • ビジネス能力検定
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定
  • CGクリエイター検定
  • マルチメディア検定
  • 情報デザイン試験
  • webデザイナー検定

【取得可能な資格一覧】アニメは専門学校で学ぶべし

授業

専門学校へ通うメリット

専門学校へ通うことのメリットは、資格取得以外にもあります。それは、プロのアニメーターの指導を受けられることです。実際に活躍しているアニメーターの授業や特別講座などを受けて、多くの知識を身に着けることができます。さらに、独学では難しいCG技術についても学ぶことができます。昨今のアニメでは、自然で違和感のないCGが多いと思います。これからのアニメ業界では、CGはさらに必要不可欠な存在として日本のアニメ文化を支えるでしょう。授業では、CGで人物や背景を作成し、さらにモーションやエフェクトなども学ぶことができます。また、就職支援があるのも専門学校の大きなメリットでしょう。在学時に培った技術を活かせる職に就けるよう、学校がサポートしてくれます。決して安いとは言えない学費がかかる分、学べることやメリットは大きいでしょう。

オープンキャンパスへ行こう

多くの専門学校では、オープンキャンパスを行っています。オープンキャンパスでは、専門学校が実際にどのような雰囲気の学校なのか知ることができます。オープンキャンパスが明るく画期的な雰囲気であれば、学校の雰囲気も良い場合が多いでしょう。どのような生徒が多いか、先生の印象、校舎の作りなど、オープンキャンパスでわかることはたくさんあります。ぜひ、試験前に一度はオープンキャンパスへ通うことをおすすめします。

アニメの専門学校の授業内容とは

専門学校では、どのような授業を行うのか気になりますよね。アニメーターになりたい人向けの授業内容の例を紹介します。授業は、学校や学科、コースによっても違います。多くの学校ではデッサン、キャラクターデザイン、原画作成を行っているようです。アニメの基本となるデザインは基礎からしっかり学んでいきます。基礎を学び土台を身に着けたら1年次後半や2年次で実習を行います。実習では、個人やグループ作成で実際に短編アニメを作ります。このようにアニメ専門学校では、とことん専門的にアニメについて学ぶことができます。

広告募集中